受け取り時の確認項目|babydogs

PADOG安心生体保証について

ブリーダー子犬販売・お問い合わせ

犬のブリーダー子犬販売項目一覧

|★HOMEへ戻る★|

子犬のご見学について

【ア】から始まる子犬

【イ】から始まる子犬

【ウ】から始まる子犬

【エ】から始まる子犬

【オ】から始まる子犬

【カ】から始まる子犬

【キ】から始まる子犬

【ク】から始まる子犬

【ケ】から始まる子犬

【コ】から始まる子犬

【サ】から始まる子犬

【シ】から始まる子犬

【ス】から始まる子犬

【セ】から始まる子犬

【ソ】から始まる子犬

【タ】から始まる子犬

【チ】から始まる子犬

【テ】から始まる子犬

【ト】から始まる子犬

【ナ】から始まる子犬

【ニ】から始まる子犬

【ノ】から始まる子犬

【ハ】から始まる子犬

【ヒ】から始まる子犬

【フ】から始まる子犬

【ヘ】から始まる子犬

【ホ】から始まる子犬

【マ】から始まる子犬

【ミ】から始まる子犬

【メ】から始まる子犬

【ユ】から始まる子犬

【ヨ】から始まる子犬

【ラ】から始まる子犬

【レ】から始まる子犬

【ロ】から始まる子犬

【ワ】から始まる子犬

犬のブリーダー販売で
子犬を探す3つの方法

ブリーダー子犬販売:HOME > 安全な子犬のお届け方法

ブリーダー宅より安全に子犬をお届けする方法

子犬の受け取り時の確認項目ついて

さあ、子犬との初めての出逢いです。下記10項目は誰にでもチェックできますよ。子犬の健康状態をチェックしてください。これが合格なら一安心です。異常が見受けられたらその場ですぐにご連絡ください。

受け取り時には必ず下記の項目をチェックして下さい!
【1】性別、カラーなど依頼したワンちゃんに間違いないか。
【2】籠の中に糞をしている場合、下痢気味でないか。(固めが普通)
【3】抱いてみて、骨格はしっかりしている感じか、また見た目に比べ重みが感じられるか。
【4】毛ツヤはどうか。フケ、ハゲ、皮膚の湿疹などないか。痒がっていないか。
【5】肛門をみて、ハレ、ただれがないか。痒がっていないか。
【6】目ヤニは出てないか(涙焼けと違う)。
【7】耳の中も周囲もきれいか、臭ってないか。痒がっていないか。
【8】鼻水が出てないか。
【9】歯ぐきや舌がピンク色か、口臭はないか、噛み合せも大丈夫か。
【10】歩行状態に異常はないか。

★犬種によっては別途チェック項目もありますが、専門的なことであり、当店で事前にブリーダーと確認済みです。[例:チワワ……泉門(脳天)の開き具合]

★受取りに当たっては、特に持って行く物はありません。籠の中が汚れている場合は新聞紙の交換、水は自販機のポカリスエットやアクエリアスを買って、キャップに注いで飲ませてください。(※疲れているときは子犬の血糖値が下がっていますから、多少甘さがあった方がいいのです。)

★籠にワクチン証明書や血統書が貼り付けてある場合、大切に保管してください。

子犬が我が家での暮らしまじめについて

ここから3日間は新しい環境に慣れるまで、ある程度我慢比べだと思ってください。何でも最初が肝心ですよ。

環境の変化に慣れるまで、見守って上げましょう!
【1】可愛いワンちゃんですから抱っこしたいでしょう。食事の前後などに30分程度の時間を決めてかまってあげてください。とにかく疲れとストレスが溜まっていますから、3日間はゆっくり休ませてあげることが必要です。
【2】室温にご注意を。特別に難しく考える必要はありません。犬も人と同じです。寒いときは犬も寒い、暑いときは犬も暑いのです。この心配りを忘れないでください。
【3】ケージやサークルから出してほしくて騒いでも決して出してはダメです。ここで負けて出してしまうと、騒いだら出してもらえるものと学習してしまいます。
【4】健康のバロメーターは糞です。大型犬の場合は多少軟便ですが、健康な子犬は通常はコロコロしている状態です。しばしば子犬は母犬の便を舐めてお腹に回虫がいる場合もあります。従って、普通はブリーダー段階で駆虫薬を入れていますが、それでも出ない場合がままあります。その虫が環境変化で動き出し、下痢の症状を見せる場合があるのです。ティッシュで掴めないような下痢はすぐに獣医に連れて行ってください。食欲はあるけど下痢が続いていると、その内に食欲もなくなり、低血糖を引き起こし死に至る場合もあります。早期発見ならば、何ら慌てる必要はありません。獣医のくれた駆虫薬をフードに混ぜて与えればすぐに解消します。
【5】同様に、耳を掻く状態のときは耳ダニがいる可能性もあります。その場合も獣医に診察していただき、ダニの駆虫薬を付けてあげればすぐに解消します。 ※回虫や耳ダニはブリーダー段階でかなり配慮し、清潔度の維持に努めているのですが、どんなに気を遣っても完全には駆除できない性格のものです。
【6】3日間ほどの夜泣きは当たり前です。泣いても決して負けてケージから出さないでください。本能的に親犬や兄弟との生活を思い出し、寂しがっているのです。これからはあなたが家族であり、親ですよ。 ※なお、親の匂いが付いた布切れがほしいと要望される場合がありますが、これは新しい環境に馴染まないことにもつながり、一考が必要でしょう。
【7】フードは、現在食べているフードをブリーダーから聞いてお伝えします。ここでは一般的な食べさせ方をご紹介します。

●お湯で15分くらいふやかしてから、つぶして、かき混ぜてから食べさせます。量は最初に食べた量(最初は多めに与える)を基準に、徐々に増やしていき、逆にお湯の量は徐々に減らし気味にし、生後90日以降(歯が生えてきた頃)は完全ドライに切り替えます。

●子犬の頭半分が、ふやかし状態で1日に与える量です。この判断は難しいですから、最初にどれだけ食べるか余らす程度に与えて目安を覚えてください。

●1日の回数は2〜3回。(1日の食べる量が決まっているので、それを何回かに分けて与えるということです。子犬のうちは、できたら3回の方がベターです。夏場はいつまでも置いておくと悪くなるのでご注意ください。

● 食べが悪いときは、肉缶詰をちょっと混ぜて食べさせると効果的です。また、鳥のササミをボイルして与えても良いですよ。

● 水は新鮮な水道水を与えてください。ミネラルウォーターは尿結石を引き起こす原因になります。

● 決して牛乳は与えないでください。下痢の原因になります。
【8】トイレは位置を決めたら動かさないでください。
【9】生後約4ヶ月間は、歯が生え変わるまで「あまがみ」があります。その場合、上下の顎を強く掴むか、口の付け根を思いっきり横方向に引っ張り、嫌がるまで「ダメ、ダメ」を繰り返してください。これも我慢比べです。
【10】お散歩やシャワーは90日ワクチンが終わって1週間目のデビューと考えてください。ただし、抱っこして外に連れて行くのは構いません。また、お尻が汚れている場合などには部分洗いや蒸しタオルで拭いてあげてください。
【11】獣医さんのことを悪く言うつもりはありませんが、近所の人から聞いて流行っている所へ行ってください。ペットには健康保険がありませんから、獣医師の料金は様々です。また、ブリーディングの知識や環境を知らない獣医も多いのが現実であり、何かあるとブリーダーのせいにされがちな傾向にあります。小さい病気でも最悪を考えて大きい病気を伝える傾向にあります。たとえば、ケンネルコフ(犬の風邪)とジステンパは初期状が似ています。ジステンパは血液検査を終えないと断定できません。この場合、「ジステンパの疑いがある」と告げることになります。獣医師の立場上、仕方ないのかもしれませんね。

★もっと詳しくお取引の手順を聞きたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい!

【無料★子犬お探しサービス】のご登録のススメ!

当店ではブリーダーからの子犬出産情報を無料でご提供させていただいております。

既に欲しい子犬の犬種が決まっている方や、気になる犬種の子犬を見つけたのに販売情報がなかった場合などに、ぜひご利用下さい。

簡単なご入力でご希望の子犬の情報を全力でご提供させていただきます。理想の子犬に出会えるお手伝いをさせて頂いております。

【無料★子犬お探しサービス】はコチラから

個人情報保護方針

お問合せなどで、お知らせいただきました「ご連絡先を含むお客様個人情報」について、 当店では以下の目的だけに利用することをお誓いいたします。

1. 「お問合わせ」に対してのお知らせ、および有効と思われる情報をお送りするためだけに利用します。
2. 有効と思われる情報をお送りした際に不要と思われる場合は、お断りの連絡を受けたら次回から送付致しません。
3. 購入時には送犬や保証目的のため、ご連絡先をブリーダー、配送業者などの第三者に開示する場合があります。
4. お客様のご同意なしに、利用目的を変更したり、第三者に提供することはいたしません。

|★HOMEへ戻る★|